出産準備

【出産準備】断捨離や模様替えは赤ちゃんが生まれる前にやっておこう

赤ちゃんを迎えるにあたって、赤ちゃんと過ごすための環境づくりが必要になります。

産後は赤ちゃんにつきっきりですから、生まれてからの片づけや模様替えは難しいです。

産後をイメージして、妊娠中に断捨離・模様替えを済ませておくことをおすすめします。

今回の記事では、断捨離や模様替えの時期と赤ちゃんが過ごすスペースづくりの意識すべきポイントを紹介します。

【出産準備】断捨離や模様替えの開始時期はいつ?

【出産準備】断捨離や模様替えの開始時期はいつ?

流れとしてはもちろん、断捨離⇒模様替えの順になります。

安定期に入ったころから、計画を立てて無理なく部屋作りをしていきましょう。

臨月前には完成していると良いですね。

まずは断捨離から始めよう

大体つわりがおさまり、過ごしやすくなってきたら少しづつ断捨離を始めましょう。

赤ちゃんが生まれると、おもちゃや洋服などとにかくモノが増えます。

女性には巣作り本能があるようで、出産前にすごく掃除や片づけをしたくなる人もいます。

私の場合、妊娠後期にその感覚がやってきてめちゃくちゃ掃除しまくってました。

    断捨離のポイント

  • このチャンスに使わないものは売るor捨てる
  • パートナーのものを勝手に捨てないように(笑)

断捨離が終了したら模様替えにとりかかろう

断捨離の終了後、模様替えにとりかかりましょう。

模様替えと聞くと、私はどうしても大がかりなイメージをしてしまうのですが、そんなに深刻に考えなくて大丈夫です。

赤ちゃんとママが過ごす快適なスペース作りが目的なので、ポイントをおさえてやっていきましょう。

【出産準備】模様替えする際のポイント4つ

【出産準備】模様替えする際のポイント4つ

模様替えをする際、赤ちゃん目線を意識することが大切になります。

では、各ポイントの詳しい説明をしていきます。

赤ちゃんにとって安全か

    安全確認ポイント

  • 赤ちゃんが寝る場所は目が届く場所にする
  • 赤ちゃんが寝る場所の周りに落下しそうなもの、転倒しそうなものはないか確認する

赤ちゃんが寝ている間にキッチンで料理をする、赤ちゃんのミルク作りのために一旦寝かせておくなど赤ちゃんと多少離れる時間があると思います。

その際、すぐ赤ちゃんの様子が確認できる場所に寝かせるスペースを作ると安心です。

赤ちゃんにとって快適か

    快適さ確認ポイント

  • 赤ちゃんが寝る場所は照明がまぶしい位置ではないか
  • 赤ちゃんが寝る場所はエアコンの風が直接あたらないか

エアコンの風が当たる場所でないかは、多くのママが気にしているポイントかと思いますが、照明がまぶしくないかは意外と盲点なのではないでしょうか。

また、位置だけでなく照明の明るさも気にしてあげると良いですね。

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、小さいうちは温湿度計があると快適さが目でわかるので便利です。

私は時間と温湿度が一緒にわかるものを使ってました。↓

授乳時間を確認するついでに温湿度も確認し、暗い室内でもボタンを押せば画面が光ったので使いやすかったです。

また、子供が成長するとあまり温湿度を確認しなくなりますが、時計機能やアラームはいつまでも使う機能なのでこのタイプを選んで良かったです。

赤ちゃんのお世話がしやすい環境か

    お世話のしやすさチェックポイント

  • 赤ちゃんのお世話グッズがすぐ手が届く場所にある

ここ数年は、ベビーワゴン作っている方多いですよね。

↓ベビーワゴンは、こういった赤ちゃんグッズをまとめているワゴンのこと↓

おむつ・おしりふき・着替え・ガーゼ・タオルなどは頻繁に使うので、赤ちゃんの近くに置いておくと便利です。

私は搾乳しておいたものをあたためてあげることが多かったので、ポットにお湯など温めるセットを常に用意していました。

ミルクの場合は、お湯の温度が難しいと思うので調乳ポットがおすすめです。

掃除がしやすいか

    掃除のしやすさポイント

  • 床にモノを置かない

シンプルですが、これが1番掃除しやすいです。

産後は満足に掃除ができません。

しかし、赤ちゃんと過ごす部屋くらいはきれいに保っておきたいですよね。

床にモノを置いていなければ掃除機やクイックルワイパーなどで、サーっときれいにできるので楽ですよ。

【出産準備】赤ちゃんの寝る場所はどこにする?

【出産準備】赤ちゃんの寝る場所はどこにする?

出産準備の模様替えといえば、「赤ちゃんの寝る場所はどうするか」がよく話題にあがります。

それぞれ見ていきましょう。

ベビーベッド

ベビーベッドは柵があるので、ペットがいるご家庭や上に1歳や2歳の兄弟姉妹がいる場合に安心です。

ただ、多くある意見として「すぐ使わなくなる」「物置きになっている」というマイナス意見があります。

レンタルという手もありますが場所も大きくとるので、最近はあまり好まれていない印象です。

我が家でもベビーベッドはおさがりでありましたが、あまり寝てくれませんでした。。。

ベビー布団

我が家では、よくあるベビー布団セットを購入してリビングで日中使っていたことがあります。

正直、タオルとか薄手の毛布とかをかけるので、掛け布団はいらなかったなと思いましたね。

部屋も温度調整している環境なので、厚手の掛け物は役に立ちませんでした。

ボックスベッド

ボックスベッドとは、フィンランドベイビーボックスのボックスベッドのことなのですが、ベビーベッドのように場所を取らなくて便利でした。

寝せたい場所を変えたいときも移動が楽ですし、赤ちゃんも狭いほうが落ち着くのか寝てくれました。

ただ、使用できる期間は短いというデメリットもあります。(赤ちゃんが成長して入らなくなる)

【2020】フィンランド・ベイビー・ボックスの中身を徹底解説!種類はいくつある? 赤ちゃん用品ってボディスーツやスタイなど、カタカナが多くてややこしいですよね。 わたしも初産だったときは、いちいち「ロンパ...

バウンサーやハイローチェアも便利

ハイローチェアを使ったことはありませんが、バウンサーにはかなりお世話になりました。

ベルトもついているので、落ちることはありません。

ただ、寝返りができるようになるまでの使用がタイムリミットですね~。

揺らすことができるので、抱っこに疲れた時には載せていました。

まとめ:出産準備として断捨離や模様替えをして産後を快適に過ごそう

まとめ:出産準備として断捨離や模様替えをして産後を快適に過ごそう

    断捨離⇒模様替えを安定期ぐらいから始めよう

  • 赤ちゃんにとって安全か
  • 赤ちゃんにとって快適か
  • ママにとってお世話がしやすいか
  • ママにとって掃除がしやすいか

 

このあたりを意識して、部屋作りをしてみましょう。

    赤ちゃんの寝る場所

  • ベビーベッド
  • ベビー布団
  • ボックスベッド
  • バウンサーやハイローチェア

個人的には、フィンランドベイビーボックスのボックスベッドとバウンサーが相性が良かったです。

特にボックスベッドの選択肢は、あまり知られていないと思うので一度チェックしてみてください。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です